京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

食品廃棄物を減らすため、『不細工な』果物と野菜を食べる( #DMM英会話 )

スポンサーリンク

今日のDMM英会話4時AM

講師 メルクス セルビア 24才 4.98(ユーザ評価 最高5)

 

前回の受講は昨年10月です。5ヶ月ぶりの受講になります。

 

評価が4.98と神様レベルとなっているので、なかなか、予約し辛い先生です。

 

今回は、たまたま空いていたので予約できました。

 

英語が上手な人向きの先生ですね。

 

会話のスピードがとても、速いです。

 

二日酔いの頭では、そのスピードについて行けません。(笑)

 

やっぱり私にとっては、そんなにお上手な先生でなくても、十分だなーと思いました。

 

次回は、なるべく英語の上手な生徒さんに譲りたいと思います。(笑)

 

 

デイリーニュース

https://assets.app.engoo.com/images/Y4gS4hRTIqlpvRuCtVDde89muKPE6HZDREdaNORRo6s.jpeg

https://assets.app.engoo.com/images/Y4gS4hRTIqlpvRuCtVDde89muKPE6HZDREdaNORRo6s.jpeg

 

Eat 'Ugly' Fruit and Vegetables to Reduce Food Waste
食品廃棄物を減らすため、『不細工な』果物と野菜を食べる
 

According to the UN, around one third of all food – about 1.3 billion tonnes – is wasted every year. Much of this food ends up in landfills, where it releases greenhouse gasses. Thankfully, there are ways to make sure you're not wasting food at home.

 
国連によると、約13億トンに相当する全食料の1/3が毎年無駄になっていています。これらの大半が埋め立て地に行き、温室ガスを出すそうです。
自宅で確実に食べ物を無駄にしない方法をいくつか紹介しています。
 

 

 
 Another way to reduce waste is to buy "ugly" produce – fruit and veggies that are not sold in supermarkets because they don't look like what customers expect.
 
ゴミを減らす方法は、普段、スーパーでは販売していないようなブサイクな果物や野菜を買うことです。
 

In the last few years, several companies in the US have started selling this kind of produce.

 

過去数年で、米国の複数の会社がブサイクな果物、野菜の販売を始めました。

 

Misfits Market in Philadelphia, which opened last October, works with farmers to sell ugly produce online. The company delivers a box of funny-looking fruits and veggies to customers' houses, meaning people can spend less time at the supermarket.

 
 ある会社がブサイクな果物、野菜をオンラインで売り始めました。オンラインなので、スーパーマーケットで費やす時間も節約できるそうです。

 

Misfits Market's CEO Abhi Ramesh says the number of customers grew significantly in the first five months of business. "There's a [huge] interest in doing something to reduce food waste," Ramesh said. "People know it's a huge problem."

 

この会社は、最初の5ヶ月でお客さんが急激に増加したそうです。

 

ゴミを減らすことに、米国市民の関心が高いことが見受けられます。

 

環境問題に関心のある人が増えてきて、ブサイクな野菜が売れ始めていることに、時代の流れを感じました。

 

今までの農家は、キレイな野菜を作り、ブサイクな野菜は捨てていました。

 

その、捨てていた野菜を買おうと考える人達が増えてきたら、確かにゴミが減りますね。

 

環境に優しいという理由でブサイクな野菜をカッコイイと思う。

 

この流れに乗って、カッコイイ人よりも、ブサイクな人が人気になる日が来ないかしら?(笑)

 

24時間対応オンライン英会話、お手軽に始めるならこちら!

 

6ヶ月で気軽に英語が話せると評判の教室はこちら、京都と東京近郊の人はお得かも↓

へシルイングリッシュ