京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。ドキドキ更新を目指します。

サピエンス全史 上 ユヴァル・ノア・ハラリ 河出書房新社

ホモデウスも評判が高いので、まずはこちらからの紹介から。 狩猟採集生活時代が、人間個人としては、現代人よりも知識があり、バランスの良い食生活を送っていたというのは、大変驚きました。 例えば、この木の実は食べても良い、この草を食べたらダメ、ど…

全米は、泣かない。 五明拓弥 あさ出版

作者は、よしもとの芸人です。 2016年にラジオCMを作って新人賞取ったつながりからこの本を作るきっかけになったそうです。 お笑いを解説して授業しているような本はたいていつまらないものが多いです。 音や間や空気など、感覚に訴える大切ものまで伝わらな…

憂鬱じゃなければ仕事じゃない 見城徹 藤田晋  講談社

幻冬舎社長の見城さんと、サイバーエージェント社長の藤田さん。 お二人とも大変有名な方ですので、皆さんご存知だと思います。 このお二人、年は離れていますが、仲が良いみたいです。 お二方に共通するのは、「死んでしまうんじゃないか」というくらいの修…

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 三戸政和 講談社

資産家になりたい!と思っても、サラリーマンでは無理です。 飲食店などの事業や、いわゆるゼロイチのスタートアップで儲けることは非常に困難なことです。 日本には後継者がいない会社が沢山あり、赤字でもないのに後継者がいないだけでつぶれそうな会社が…

天才の勉強術 木原武一 新潮選書

モーツァルト、ニュートン、ゲーテ、ナポレオン、ダーウィン、チャーチル、ピカソ、チャップリン、平賀源内など「天才」の源を追求した本です。 それぞれに興味深いエピソードが掲載されていて、どこか真似できるところがないかなーなんて思いながら読みまし…

脳に悪い7つの習慣 林成之 幻冬舎

脳は、「報酬を与えると活動する部分」があります。 勉強、暗記には「ココ」を活かす事が必要です。 報酬は食べ物でなくても、ワクワクすることで良いそうです。 指示されても、「自発的に動く事が大事」ですって。 良くない面でも「自己保存が働くことがあ…

巨万の富をつかむメモる技術 中島孝志 マガジンハウス

題名が素晴らしいですね。 こういうタイトルが大好きです。(笑) 思わず手に取ってしまいます。 そして、よく騙されています。(笑) 正確に言うと、本のアドバイス通りに行動が出来ていないと言う事でしょうか。 最近は、前田裕二さんの著書『メモの魔力』…

朝のコーヒー、夜のビールが良い仕事をつくる 馬渕知子 クロスメディア・パブリッシング

すごいタイトルの本ですね! 最近、コーヒーは体に良いと言われていますね。 私自身は豆を焦がした飲み物がどうして体に良いのか理解はしていません。 ただ、世間では体に良いと言われていますし、美味しいので、毎日飲んでいます。 ビールは流石に、体に良…

AI vs 教科書が読めない子供たち 新井紀子 東洋経済新報社

すっかり有名になった本と著者です。 AIは、人を超えません。 なぜならば、AIは計算式だからです。 どうした方が良いとか、感覚的なことは判断できません。 AIが何なのかよく理解して、使う側になりましょう! AIに対しては悲観することはないですよ! と本…

砕かれたハリルホジッチプラン 五百蔵容 星海社新書

知人に紹介を受け、読んでみました。 2018年4月9日、急遽解任されたハリルホジッチについて検証というよりも熱烈抗議をしている本です。 自分はサッカーについては詳しくないので、難しいところが多々ありました。 しかし以下の点は私にも伝わってきました。…