京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

東寺の弘法市って楽しいの?

今日は東寺の弘法市の様子を調査に行って来ました。 東寺の弘法市とは、弘法大師・空海の命日(3月21日)にちなみ、毎月21日に開催されている東寺の縁日です。 当初は年に1回行われていたものが、1239年以降は毎月行われるようになったそうです。 全国的に知…

なぜかジェラシー感じます「共感 SNS  丸く尖る発信で仕事を創る」 ゆうこす 幻冬舎

帯の推薦人の名前をご覧ください。 当選確実です!(笑) これだけの人が推薦するなら、中身も間違いないでしょう! この推薦人を得ただけで、この本はウイナーだと思います。 この本は、この本自体がブログのような文字飾りになっていて、文字の大きさや色…

えっ本当ですか!「宅配が無くなる日  同時性解消の社会論」 松岡真宏 山手剛人 日本経済新聞社

宅配がなくなったら困りませんか? 同時性の解消をするのであれば、宅配はなくなると言っています。 宅配という家まで運んでくれるというサービスがなくなるということで、配達がなくなるということではありません。 本書は「同時性解消」がテーマです。 「…

売上に悩む社長さん、これ効きます! 〈「つながり」で売る!法則 〉藤村正宏

読んでいて、楽しい本です! 現在は良い商品(又はサービス)が溢れ、単に作れば売れる時代は終わりました。 そんな時代にあって、未だに良い商品(又はサービス)を作ることだけに専念している人々が沢山います。 どちらかというと、現代は、良い商品(又は…

働き改革の参考にどうぞ!「ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか」 熊谷徹 青春出版

ドイツの経済は好調なのに、休みが多い!というのが不思議でこの本を読みました。 ドイツでは、休みが何よりも大事だという事を言う人もいるようです。 仕事のやり方が日本のやり方と異なるところは、ドイツの仕事がその人に付いているのではなく、会社に付…

本を読む本 M.Jアドラー C.V.ドレーン(著) 外山滋比古 槇美智子 (訳) 講談社学術文庫

この本は、とても有名な本で、いつか読みたいと思っていた本です。 書店で見つけた時、やった!と思い、文庫本だったので値段は見ずに買ってしまいました。 後で驚いたのは、文庫本なのに1,000円(税込み)を超えているんです! 最近、文庫本も高くなってい…

エクスポネンシャル思考 齋藤和紀 大和書房

エクスポネンシャルとは指数関数。 最近はよく、「指数関数的に成長してます」とか言いますが、人類の人口の増え方(採集民族時代から将来)のグラフが指数関数になっています。 初めはジワジワと増えたかどうだかわからないくらいのものだったのが、そのう…

デス・バイ・アマゾン 城田真琴 日本経済新聞出版社

アマゾン関係の本と言うのは概ねアマゾンの事業構造や、戦略などアマゾンの実態を示し、アマゾンは強いぞ!アマゾンには勝てないぞ!と語る本が多いですよね。 そんな中でこの本は、アマゾンに殺されない為にはどうしたらいいのか?ということを多くの事例を…

ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」 荒木香織 講談社+ α新書

2015年のラグビーワールドカップで日本ラグビーの快進撃がありました。 そして五郎丸選手のルーティンが、日本中で流行りました。 そのルーティンを一緒に作ったのがこの著者です。 日本代表は、ワールドカップに臨むに当たり、フィジカルだけでなく、メンタ…

マーケティングとは「組織革命」である。 森岡毅 日経BP

マーケティングについて書かれた本ですが、一般的なマーケティングノウハウの説明と言うよりも、森岡さん流の実践方法を紹介しています。 「UFJを劇的に変えた、たった1つの考え方」の方が読み物としては面白かったです。 しかし、今回は、単に、消費者をリ…