京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

【書評】リーダーになる人に知っておいてほしいこと  松下幸之助  PHP 研究所

スポンサーリンク

f:id:bkeita:20200513053429j:plain

松下幸之助さんってご存知ですか?(笑)

我々の世代では知らない人を見つける方が大変ですが、若い世代の方では知らない人もおられるかも知れません。

 

松下幸之助さんは、パナソニック(旧松下電器)グループの創業者です。

 

幼い頃から苦労に苦労を重ねた結果、大経営者となりました。

 

未だに松下幸之助さんを信奉する人も多く、まさに経営の神様として、全国の経営者を中心に沢山のファンを抱えています。

 

その松下幸之助さんが創立したのが、松下政経塾です。

 

1979年に21世紀に理想の日本を実現するための処理念・方策の探求とそれを推進していく人材の育成を目的として1979年に創立されました。

 

【1本書の紹介】

松下幸之助さんの未公開テープ約百時間の中から、塾主(松下幸之助)が伝えたかった事、そして松下政経塾の塾生に最低限心に留めておいて欲しいことについて48項目を厳選し、その考え方の要諦を松下政経塾がまとめたモノになります。

 

その内容は塾生にとどまらず、世のリーダーの方にはぜひ知っておいて欲しい内容となっています。

 

ポイントの中で、松下政経塾の塾是、塾訓、五誓を紹介します。

【2.本書のポイント】

素直になれば、物事を色眼鏡で見ないようになる。赤は赤、黒は黒に見えるようになる。本質が見えるようになる。そうすると過ちが少なくなる。融通無碍な人間になれる。

 

誰の言うことでも一応は素直に聞く。いいなと思ったら素直に取り入れて実行する。人の意見を聞くときは、虚心になって、私心をなくして、素直な心で聞く。そして他人の知恵才覚を授かる。そのむずかしくないことを、人はなかなかできない。そして失敗する。

 

知識は道具である。知識の奴隷になってはいけない。知識の主人公になる。縦横無尽に知識を使いこなす。 

 

考えても答えの出ないものはある。しかし、志のある人は、歩いて尋ねて教えを請い、いずれ答えを出すだろう。自分から進んで学ぶ。教えてくれるなどと思ってはいけない。

 

すべてのものが、すべての分に応じてこの世に生かされている。人知が進めば、それはいつの日か実現するはずだ。

 

多少の苦労、困難のない人生はさびしい。だから、苦労は買ってでもするほうがいい。成功した時に自分の人生を語るうえでも、苦労の物語があったほうがいい。

 

成功する人は、一言一句が相手の胸を刺すものだ。しかもそれが自然と出てくる。心の動くままに言葉にあらわれてくる。

 

いやだな、つらいなと思っても、やらなければならないことがある。その、いわば「修行」を捨ててしまうのは、みずから「宝」捨てることになる。

 

かゆいところに手が届く。それが接客の基本であり、すべて相手の立場に立って満足してもらうように考えるのでなければ、人をお呼びする資格はない。

 

相手が感動する手紙を書いているか。通りいっぺんの手紙になっていないか。礼状一つでも、違いが出ることを忘れずに。そこから人間同士の関係が始まるのだから。

 

物事を変えるには「きっかけ」がいる。「これをやるべきだ」「これをやりたい」と言い出す人になる。その志が、道を切りひらく

 

◆松下政経塾 塾是

心に国家と国民を愛し新しい人間観に基づく政治・経営の理念を探求し人類の繁栄幸福と世界の平和に貢献しよう

 

◆松下政経塾 塾訓
素直な心で周知を集め
自修自得で事の本質を究め
日に新たな生成発展の
道を求めよう

 

◆松下政経塾 五誓
一、素志貫徹の事
一、自主自立の事
一、万事研修の事
一、先駆開拓の事
一、感謝協力の事

 

【目次】
序にかえて
1部 成功するために知っておいてほしいこと
 第1章 素直な心で衆知を集める
 第2章 自修自得で事の本質を極める
 第3章 日に新たな生成発展の道を求める
2部 リーダーになる人に知っておいてほしいこと
 第1章 素志貫徹-道を切り開くために
 第2章 自主自律-知恵と力を集めるために
 第3章 万事研修-全てに学ぶ人となるために
 第4章 先駆開拓-新たな歴史の扉を開くために
 第5章 感謝協力-真の発展を目指して

【3.本書の感想】

経営者でありながら、利益の追求だけでなく社会の発展人の成長についてもよく説かれています。

 

ここが神様と言われる所以かとも思います。

 

素直というのはよく松下幸之助さんが言う言葉ですが、素直と言うのがなかなか難しいそうです。

 

人間の心には欲や悪があり、素直に受け取る事を邪魔するので、素直つまり本当の姿を見誤ること事が多々あります。

 

その素直の大切さという面に焦点を当て、経営の舵を取っていく事を主張しているのは松下幸之助さんくらいかなと思います。

 

経営の神様ではありますが、人として、どうあるべきか、社会の為に平和の為に自分はどうしていくべきなのかという視点に立って、選ぶべき道を説いています。

 

とても考えさせられる教訓が並んでいます。 

 

ぜひご覧下さい!

 

こちらは、松下幸之助さんファンのバイブルとも言われている本になります。

ファンの方でお持ちでない方はぜひご覧ください。

 

こちらは同じく企業人、元東レの佐々木さんのリーダー論です。

松下幸之助さんとは違う視点から、リーダー論を展開されています。

www.fukuikeita21.com

 

アイドルの中にもリーダーはいました。

ぜひご覧下さい!

www.fukuikeita21.com

 

 こちらは、現代の代表的経営者の1人です。

www.fukuikeita21.com

 

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!