京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

「1日30分」を続けなさい! 古市幸雄 マガジンハウス

何かの本を読んでいた時、この本の紹介があり、気になっていたので読んでみました。 「三流大学を出ても、その後勉強し続ければ、形勢は逆転する。 サラリーマンは帰りに居酒屋行ってうさを晴らして、家で缶ビール飲んでテレビ見て。 これでは、将来使い物に…

これからのリーダーに贈る17の言葉 佐々木常夫 WAVE出版

作者は、「働く君に贈る25の言葉」で有名な、元東レ経営研究所の社長を勤めた方です。 作者の略歴は下記になります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1969年東大経済学部卒業、同年東レ入社。自閉症の長男を…

考え方のコツ、松浦弥太郎 朝日新聞出版

アイデアの出し方、考え方、自己管理などクリエイティブに生きる為に心掛けるべき事をわかりやすく綴った本です。 すぐ実行できる内容もあり、サクサクと読める本です。 とても参考になります。 ポイントは以下です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー…

サムスン経営を築いた男 李健煕伝 洪夏祥 日本経済新聞社

これは、サムスン、そして李健煕が分かる本です。 「サムスンは日本の会社だ」と立命館大学の某先生はおっしゃっいました。 確かに、李健煕もその父李秉喆も日本をよく学んでいます。 よく本を読み、よく研究しています。 サムスンは日本をお手本にしていた…

読書について ショーペンハウアー 光文社古典新訳文庫

読書をする時、「自分の頭で考える事が大切だ」と言っている本です。 読書は人の頭に触れることであり、自分の考えがないと何も生まれません。 読んだ本を鵜呑みにするのではなく、よく考える、熟考することが大切です。 本を読んで「へーそうですか。」で終…

今日の京都東寺の五重塔 (お花見)アンコール版

「今日の京都東寺の五重塔(お花見)」は前回で終了しましたが、アンコールにお答えして、ゴールデン・ウィーク前の様子を振り返っておきたいと思います。 一般的にコンサートに行くと、アンコール曲が前もって準備されています。 この「今日の京都東寺の五…

思考の整理学 外山滋比古 ちくま文庫

「刊行から30年、異例の200万部到達!」というコピーが書かれています。 この本を読んだのは、今回が初めてですが、外山滋比古さんの本を初めて読んだのは確か中学生の頃だったと思います。 図書館の自習室で勉強するために行った時、休憩がてらに本棚を覗い…

今日の京都東寺の五重塔 (お花見)その20

今日は火曜日です。 火曜日は、妻が近所のスーパーの火曜市に行きます。 なぜか、その時にお金を使わないと損だと言わんばかりに、火曜市に行きます。 火曜市に行けなかった夜は、行かないと、もったいないもったいないといったような事を寝るまで言います。…

今日の京都東寺の五重塔(お花見)その19

今日は月曜日です。 ゲッツ! 元気が出て来ますね!ゲッツ! さあ、ご一緒に、ゲッツ! 最近、暖かくなってきましたね。 今日の最高気温は24℃だそうです。 もう、すっかり初夏ですね。 ゴールデン・ウィークを過ぎると朝から暑くなって来るんでしょうね。 今…

今日の京都東寺の五重塔 (お花見)その18

今日は金曜日です。 花金。 ワクワク金曜日です。 今日はどうします? 何か楽しい予定ありますか? もちろん、ありますよね! 今日の事考えると、嬉しくてたまりませんね。 よし!この嬉しさを胸に抱えて、まずは東寺(教王護国寺/世界遺産)に行ってみよう…