京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

【書評】宝くじで1億円当たった人の末路 鈴木信行 日経 BP 社

スポンサーリンク

宝くじで1億円当たった人の末路は?

 

気になりますね~!

 

皆さんご経験があると思いますが、「宝くじで、1億円当たったらどうする~?

 

なんて会話を楽しんだ経験があると思います。(笑)

 

最近ですと、前後賞合わせて10億円が当たったりしますよね!

 

本当に当たったらどうしますか~?

 

を買いますか?

 

海外旅行に行きますか?

 

高級外車を買いますか?

 

銀座のクラブに飲みに行きますか?(笑)

 

これを考えている時は、楽しいですよね~

 

手軽に夢の中へ行けますね。(笑)

 

これが、宝くじを買う事は、夢を買う事と言われる所以ですね。

 

では、早速、夢の中へ行ってみましょう!

 


井上陽水 - 「夢の中へ」 ミュージックビデオ

 

夢の中へ行けましたか?(笑)

 

現実に夢をゲットしたい!と思う人は沢山いますよね。

 

ところが、夢の1億円が実際に当たると、それがきっかけで不幸になる人が多いそうです。

 

1億円は、使い始めると結構なスピードで無くなってしまうようです。

 

知らす知らずのうちに使いグセが付いてしまい、そのうち、借金してもお金を使ってしまようになり、1億円当たる前よりも貧乏になる人が多いそうです。

 

この本では、題名にあります宝くじで1億円当たった人にフォーカスしていくのではなく、世の中の気になる疑問に関して、様々な人の行く末をその道の専門家に尋ねて真面目に結論を出すと言う形式にまとめています。

 

はっきり言って、どちらでも良い疑問あります。(笑)

 

それでも、意外な質問、結論があり、楽しいですよ~

 

ポイントは以下です。

 宝くじで1億円当たった人の末路は?
ろくなことにはならない

 

キラネームの人の末路は?
様々な意味で苦難が待つ

 

友達ゼロ」の人の末路は?
何の心配もいらない。

 

賃貸派の末路は?
人生の自由度が増す

 

自分を探し続けた人(バックパッカー)の末路は?
「日本の企業社会の歯車」にはなれない。

 でも、それでいいじゃない

 

留学に逃げた人(学歴ロンダリング)の末路は?
人生で一発逆転はなかなか難しい

 

癖で首をボキボキ鳴らし続けた人の末路は?
非常にリスキーな行為

 

8時間以上寝る人の末路は?
「長く寝る=ダメ人間」は間違い

 

体が硬い人の末路は?
身体が硬いのはとにかくヤバイ

 

リモコン発見器の末路は?
誤作動の可能性がゼロになるまでは、開発力のある中小企業の独壇場

 

の末路は?
草食化やむなし。
男性には600万年分の疲れが出ている。

 

昼休みぐらい「一人の時間」を作らないと、いいアイデアなんて浮かびません。本当に優れた発想というのは、一人で自分の内面と深く会話しているときにこそ生まれるものなんですから。

 

1企業当たり年間30万時間。ある大企業で、週1回の経営会議のために、経営陣と全従業員が費やしている「不必要な打ち合わせ」「無駄な会議」の合計時間です。この数字がどれだけ異常かは、世界の先進企業と比較すると一目瞭然です。例えば米グーグル開発部隊でチーム全員が集まる会議は四半期に2回だけ(一回1時間とすれば年8時間)だそうです。日本の大企業社員が、床に上から下まで「会議」「打ち合わせ」と称して群れること(責任を分散すること)が好きかよく分かると思います。

 

日本が新しいものを生み出せない理由
・過剰なリスク回避主義
短期的成果の過剰な追求
完璧主義

 

市場が成熟する中で、今後需要が見込める数少ない分野が「自動変換、自動認識、自動検知により生産性を上げる商品」です。

 

高性能通訳、音声自動認識、無線充電、探し物検知・盗難防止

 

【目次】
はじめに
第1章 やらかした人の末路
 宝くじで1億円当たった人の末路
 事故物件を借りちゃった人の末路
 キラキラネームの人の末路
第2章 孤独な人の末路
 「友達ゼロ」の人の末路
 子供を作らなかった人の末路
 教育費貧乏な家庭の末路
 賃貸派の末路
第3章 逃げた人の末路
 自分を探し続けた人(バックパッカー)の末路
 留学に逃げた人(学歴ロンダリング)の末路
 「疲れた。海辺の町でのんびり暮らしたい」と思った人の末路
第4章 変わった人の末路
 電車の中で「中ほど」まで進まない人の末路
 「グロい漫画」が好きな人の末路
 外国人観光客が嫌いな人の末路
第5章 怠惰な人の末路
 癖で首をポキポキ鳴らし続けた人の末路
 8時間以上寝る人の末路
 いつも不機嫌そうな上司の末路
 体が硬い人の末路
第6章 時代遅れの企業の末路
 禁煙にしない店の末路
 日本一顧客思いのクリーニング店の末路
 リモコン発見器の末路
第7章 仕事人間の末路
 ワイシャツの下に何を着るか悩む人の末路
 ワイシャツの下に何を着るか悩む人の末路2
 男の末路
 アジアの路上生活障害者の末路
終わりに

 

キラキラネームを持っ人に会ったことがありますが、得てして普通の人が多いような気がします。(笑)

 

名前が光っていると、会う前から期待してハードルが上がってしまいますね。

 

企業の採用試験では、キラキラネームが読みづらいので、職場で混乱を招くという理由で採用が見送られる事があるそうです。

 

キラキラネームは、子供の人生の足を引っ張ることもあるので、慎重に考えましょう!

 

今まで生きていて、特に疑問を抱かなかった事も含まれていますが、読んでいて、これって気になるの?という題もあって、楽しくて、すぐに読んでしまいます。

 

目次を見てその末路を知りたいと思われる方楽しくて会話の話題になるような本をお探しの方は是非、ご覧下さい!

宝くじで1億円当たった人の末路

 

宝くじではなく、働いてお金持ちを目指しましょう!

www.fukuikeita21.com

 こちらは、年俸1億円です。毎年1億円もらえるのに、どうして辞めちゃうんでしょうか?

www.fukuikeita21.com

 お金だけでは幸せにはなれません。本当のお金持ちになるには?

www.fukuikeita21.com

自分のやりたい人生を歩んでいますか?

やりたいことが見つかっていない方はこちら↓

「やりたいこと発見」通信講座

 

 最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!