京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

一流芸能人様のご本でございます。「GACKTの勝ち方」 GACKT サンクチュアリ出版

f:id:bkeita:20200524141035j:plain人気番組「芸能人格付けチェック」において「一流芸能人」でお馴染みGACKT様の本です。

 毎回、凄いですよね!
 
どんな難問も見事正解していますよね。
 
あれだけ当たれば、そりゃ疑われるでしょう。
 
なんつったって、クイズダービーでおなじみ天下の「はらたいら」以上に正解率が高いですもんね。
 
はらたいらさんが活躍したクイズダービーをご参考ください。
 
竹下景子さんがとても素敵です。(笑)


クイズダービー

ちなみにはらたいらさんは漫画家でした。

 

そのネタ探しのために、毎日、新聞、本、雑誌等読み漁るため、知識が豊富になったと言われています。

 

はらたいらは何でも知っている、と当時(昭和時代)の日本人は誰もが思っていたと思います。

 

今でいうと、少し路線が違いますが、池上彰さんのような感じです。

 

ところで、GACKTYOSHIKI(X JAPAN)とDAIGO(妻・北川景子)の違いがわかりますか?
 
全くわからない方は、危険です。

【1.本書の紹介】 

まずは、この本を買ってGACKT様から学んで下さい。(笑)
 
GACKT様のファンの方は、是非この本を枕元に置いて眺めて下さい。
 
写真集チックなページもありますので、ファンの方にはたまらないと思います。
 
ある書店では、立ち読み防止にこの本だけ透明のフィルムで包装されていました。
 
この本でGACKT様が言いたかったのは以下です。
 
・あまりテレビに出てないのに、ヒット曲がないのになんでそんなに金があるんだ?に対する回答。→マネタイズしているからお金を持っている。悪いことしているわけではない。
 
俺はヤベェやつだぞ。
 
俺はやられたらとことんやり返すバカにするなよ。
 
テレビでは、GACKT様と言うとユニークな印象を受けますが、GACKT様は自分のファンを裏切らないために相当の努力をしています。
 
GACKTとして一生懸命生きている姿が素晴らしいです。
 
この本を読むとGACKT様の熱が伝わって来ます。
 
今までのイメージとは違うGACKT像になりました。
 

【2.本書のポイント】

ボクが今の生活を維持するのに必要な額は1年で2億弱。
 
生活、買い物、旅行など、ボクがGACTとして生きるのに掛かる年間のコストはこの辺り。
 
この前やった限定ライヴ。会場のキャパは2,000名程度で箱は非常に小さい。
だが、一番安い席で3万円、VIP席は300万円。ファンクラブ限定のそのライブは瞬間で完売。
 
僕の稼ぐ本質は、【人生をマネタイズする】こと。
 
辛い事は誰だって嫌なもの。成功した人は大変なことから絶対に逃げてはならない。ボクは大変なことから先にやる。逃げない
 
3ヶ月で2000人以上の女性に声をかけ、結果、最終的に50人程の女性が本当のサポーターになってくれた。
 
ファンの想いを預かり、代弁し、『できるだろ?』と魅せる。それがGACKT
 
ビジネスの場で【ファンを作ろう
 
【GACKTは、常に自分がやると言ったことをやる
 
予想は裏切れ期待には大いに応えろ
 
オマエにとってネガティブなものは、オマエの思考ひとつですべがポジティブなものになる。

 

人生というゲームを攻略するために必要なことは全てやれ。すべてはゲーム。ゲームの達人になれ。
 
極端に言えば、マチ金の方が利益率は高いが、CMを流しているローン会社の信用度は高い。だから皆そっちを使う。実はマチ金の方が利益をあげていたりする。
 
フルブラフは見抜かれる。ただハーフブラフは積み重ねた己の行動次第でとてつもない武器になる。
 
最初出会い、場の始まりこそ、受け身で過ごすのではなく、【自分のペース】を作る何よりものチャンス。それを活かすためにオマエ自信をどう見せるか。ボーッとしている暇はない。まずは先手を打て。考えるのはそれから。
 
【やることがない】【やりたいことがない】のではなく、それらを見つける見つけ創る意識がそもそもない。これは結局のところ与えられることが当たり前になっている、【己の怠慢の成れの果て】とも言える。
 
人生とは、今この一瞬の発想力・想像力・創造力の積み重ねである。
 
外国人は一緒に海を眺めたりすると、当たり前のように言う。「こんなにキレイな海を見られる。幸せだな」わかっていたはずなのにできなかった、いや、結局わかっていなかった。言葉を口から出す大切さを。
 
優雅の先には無我がある。今はまだ無我じゃない。僕は、優雅の先の無我に入りたい。
 
ライフスタイルそのもので、【この人やばいな】と思わせろ。
 
死ぬまでステージの上で、GACKTで在り続ける。次はお前だ。
 
人間は平等じゃないだが、周りを笑顔で幸せにする才能は平等に与えられている。そして夢を見る才能もまた平等に与えられている。この与えられた才能実際に使うかどうかはそれぞれのそれぞれ個人の自由だ。使えるかの問題じゃない【使うかどうかの話】だ。
 
人生に迷ったときは難しい方、困難な方を取れ。
 
【夢なき者に理想なし
理想なき者に計画なし
計画なき者に実行なし
実行なき者に成功なし
故に、夢なき者に成功なし】(吉田松陰)
【目次】
はじめに
第1章 人生をマネタイズ
第2章 GACKTの勝ち方
第3章 メンタルリセット
特別収録

【3.本書の感想】

音楽がやりたくて、生活費を稼いでいる間に音楽をやめざるを得なくなった人は沢山います。
 
GACKT様は、まず最初に音楽をやり続ける為に必要なことを考えて選択して実行しました。


選択が大事だと言うことがよく分かります。
 
人生の勝率を上げたい方は下記をご覧ください。

www.fukuikeita21.com

  自分が大好きなことではこの方も負けてません。

www.fukuikeita21.com

  

 

 今登録するとAmazonギフト券5,000円分もらえちゃう!

はじめての婚活

美女を落としてみませんか?

 最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!