京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

子供も親も間に合います。「天才の勉強術」 木原武一 新潮選書

スポンサーリンク

f:id:bkeita:20190609062628j:plain

モーツァルトニュートンゲーテナポレオンダーウィンチャーチルピカソチャップリン平賀源内「天才」の源とは何か?を追求した本です。
 
それぞれに興味深いエピソードが掲載されています。
 
私も、簡単に天才になりたいので、どこか真似できるところがないかなーなんて思いながら読みました。(笑)
 
共通点としては、ここに出てくる天才の方々は、集中力突出しているという点です。
 
その集中力の為に失敗をすることもありますが、それをはるかに上回る成功収めています。
 
成功の為のキーは、誰よりも、作品を多く作ること。
 
作品を作り続けること。
 
これを続けることで、を生み素晴らしい作品になるというプロセスです。
 
天才が生み出したものは、必ずしも最初から突出して優れていたのではなく、継続する努力(本人は好きなので努力だと思っていない)から生み出されるものだとわかりました。
 
これは私のような凡人にも朗報
 
好きな事または、相性が合う事。」
 
これを早く見つけることが天才への道だと理解しました!
 
ポイントは以下です。
 
◆モーツァルト
レクイエムがハイドン作曲とよく似ている。
これは、モーツアルトハイドン真似たものらしい。
その時代にはレクイエムが沢山作られた。
ただし、200年たっても一番聞かれているのはモーツアルトだということ。
真似てはいるが、もっと進化させていることが重要。
学習は本来真似をするところから始まる。
それを飛び越えられるかが真価を問われるところである。
 
◆ニュートン
驚異集中力の持ち主。
休憩中科学実験をおこなった。
ちなみに「資本論」の執筆に没頭していたマルクスは、疲れる高等数学の問題を解いていたようだ。
 
◆ゲーテ
12、3人と付き合ったとの逸話。
70過ぎても19歳の娘求婚したとの伝説。
作品のヒントはここから来たらしい。
 
◆ナポレオン 
彼は見た目は悪いく背も低かったようだ。
ただ、人が動くのはではなくだ。と。
彼はいろんなことに精通していた。
理由は、沢山読んだからだ。
彼はエジプトからロゼッタストーンを持ち帰り、
それをフランス人のシャンポールが解読した。
それがエジプト学の始まりだそうだ。
幽閉中の6年間3000冊の本が保管されていた。
ナポレオンは迷惑な天才だという人もいる。
 
◆ダーウィン
医者の息子で、とても裕福な家庭に生まれ、
4年10か月の航海で観察した経験がダーウィンを変えた。
は、物を理解して、説明したくなる動物らしい。
ダーウィンは生活のために働く必要はなく、研究没頭できた。
 ダーウィンは、最後まで研究を続け、1冊の本を出すにも10数年かけている。
種の起源は、完成からしばらく寝かせている。なぜならば、当時の世論は宗教が上であった為、罰せられる可能性もあったから。
 集中して熱中して好奇心が豊富で、各島へ行ったときは、珍しすぎて、観察の為一歩も歩けなかったという。
 
 
◆チャーチル 
英国首相 ノーベル賞文学賞(第二次世界大戦回顧録)
若い時は勉強嫌い、22歳の時に勉強好きになる。
元々英語、日本でいう国語が得意で、文章が上手で、雄弁家であった。
教養人が読んでいるもの倫理学から、ダーウィンまで、読んだ。
かなりのを読んだ。
ナポレオンと共通すること。二人ともよく本を読み勉強した。不遇もあった。でも前を向いて進んで行った。
 
◆ピカソ
14才で最高傑作を描き上げる。
絵に没頭した人生。
誰よりも多く描いたし、おそらく誰よりも上手。
書き残したものが2万枚になる。
1枚の絵の模写を100通りの角度で書いた事もある。
それほどのアイデアや描いてみたいと情熱湧き出てくる。
 
◆チャップリン
昔は貧困家庭で育った。
人を笑わせつつその中に込めた思いを伝える。
勉強家であった。
多くの作品を残しているが、現代でも人の心を捉える。
 
◆平賀源内
何でも屋さん。
いろんなことに挑戦して、いろんな事ができる人。
長崎への遊学で、オランダの文化に触れ、幕府の役人を辞める。
型にハマるよりも、外の世界に生きる道を選んだ。
【目次】
プロローグ 天才は学習の産物
「真似」の天才・・・モーツアルト
超人的な集中力の持ち主・・・ニュートン
女性遍歴から学ぶ詩人・・・ゲーテ
読書家の皇帝・・・ナポレオン
大きくなりすぎた子供・・・ダーウィン
首相になった落第生・・・チャーチル
変身にとりつかれた画家・・・ピカソ
笑いの芸術家・・・チャップリン
大江戸を駆け巡った「なんでも屋」・・・平賀源内
あとがき

 

あとがきに、下記記述があります。
 
「天才は、親の存在が大きい。それも、子供を信頼すること。信頼することが子供の能力開花させる事につながる。」
 
それぞれの天才には、それぞれにがいました。
 
その親が天才を育てたのであれば、子を持つ親としては、天才の親について学ぶ必要があると思います。
 
しかし、私は子供天才に育てるよりも、自分天才に育てたいと思っています。(笑)
 
という訳で、子供だけでなく、自分信頼したいと思います。(笑)
 
も、もしかしたら、子供と、自分、どちらも天才に育てられるかも知れません!
 
歴史に名を残した天才って普段はどんな感じだったんだろう?と疑問に思う方はぜひ、ご確認下さい。
 

 集中力どう付けたらいいのか、わからない方!

こちらにヒントがたくさん書いてあります。

是非読んでみて下さい!

www.fukuikeita21.com最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!