京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

京都最大級のイルミネーション カップルが急増! アカペラコンサート

スポンサーリンク

12月21日(土)に行われた、京都最大級のイルミネーション、ロームイルミネーションのイベント、アカペラコンサートを紹介します。

 

1組目です。

こちらは星澪音(セレン)です。

 

とても上品で、キレイにまとまった感じのバンドです。


リードボーカルと両脇にコーラスそしてベースとボイスパーカッションという構成になっています。

 

メインボーカルの女性は、安定して上手でした。

 

女性3人、男性2人。自分が学生なら、このバンドで、ベースか、ボイバーやりたいなと思いました。

 

理由は、このバンドに入ると歌が好きになりそうだからです(笑)

 

全体的に選曲がおとなしいのでボイスパーカッションもベースもすごく控えめな感じです。


バンドのキャラ的にボイパーの力強さが出せないのが、ストレスかもしれません。


3曲目、期待の曲、First Love で、リードボーカルが変わりました。


リードボーカルが高くクリアな声で上手に歌い上げた為、この曲の持つ、「だるさ」が感じられませんでした。


個人的趣味としてはもっと「こもった感じの声」で、「わがまま」に歌ってもいいんじゃないかなって思いました。
 

First Love に関しては、自分が聞いたことのある曲なんで、私の好みが基準になっています。(笑)

 

リードボーカルを変えるなら、2曲目にしたほうが、途中で変化が感じられてよかったのかなと思いました。

 

個人的趣味は置いておいて、全体的には、今日の雰囲気にマッチしたとても素敵なステージでした。

f:id:bkeita:20191221173023p:plain

                                                                                                            (ロームHPより)

続いて2組目です。

こちらはSTX(エスティーエックス)です。

 

STXって何の略?どういう意味?っていうのがずっと頭に残っていました。(笑)

 

こちらのバンド、リードボーカルは男性です。


その両脇にコーラスそしてベース、ボイスパーカッションという構成になってます。

 

聞いててお得な感じがします。とても上手です。

 

曲順も、掴んで、掴んで、聞かせて、という感じになっており、狙い通りのステージになったのではと思います。


このバンドは、例えるなら、ターミナル駅の地下街のイベントで、ステージで素敵なアカペラを披露してお客さんを盛り上げている、そんな感じのバンドです。


この時期、街の商店街からは引っ張り凧になるくらいの実力があると思います。

 

彼らが終わった後、振り返ってみると、観客がとても多く残っていてびっくりしました。

 

お客さんの聞きたい曲を歌うと、お客さんは帰らずにずっと聞いてるもんだなーって思いました。

 

とても良いステージでした。

 

STXの意味がわかれば、今日の観客はもっと、曲に集中出来たと思います。(笑)

f:id:bkeita:20191221173104p:plain

                                                                                                             (ロームHPより)

 

 続いて3組目です。

こちらはRetronome(レトロノーム)です。

 

男4人組です。


もし、私が大阪大学を志望していたとして(目指す実力はありませんでしたが)、この4人が私が通っていた男子校へ、先輩による大学サークル紹介で来たならば、私は、別の大学に志望校変えたと思います。(笑)

 

男だらけの世界から抜け出したかったからです。(笑)


このバンドは、バーバーショップという楽曲をやってるそうですが、4曲中の3曲目に意表を突いて、ドリカムの未来予想図を歌いました。

 

これは上手でした。

 

こういう曲であれば、ずっと飽きずに聞いていられるなと思いました。


バーバーショップというのは、よく知りませんが、英語の歌を歌うというのは、ある程度実力がないと聞いてるほうも辛いと思います。

 

しかし、彼らの歌う曲に、なんと子供がノッていました。

 

なかなか実力派だと思います。

 

左から2番目の人が、MCやったりボイパーやったり、おいしいところで歌ってみたり大学OBの人チックな雰囲気で、お笑い芸人のザキヤマさんみたいで目立ちます。


今は、ダサかっこいいって感じで中途半端ですね。(笑)


どうせ目立つのであれば、もっと「うざいなー」って言われるくらい頑張って欲しいと思いました。

 

全体的には、普段の練習が十分発揮できて、よく考えられたステージだったと思います。

f:id:bkeita:20191221172946p:plain

                                                                                                            (ロームHPより)

続いて4組目です。

f:id:bkeita:20200328143057j:plain

こちらは狂凛(キョウリン)です。

 

6名ということで、そのボリュームが生かされた、聞いていて楽しいバンドです。


リードボーカル、コーラス、ベース、ボイスパーカッションという構成で、役割はほぼ固定されています。

 

役割が固定されているので、表現に変化が出づらいので、リードボーカルを変えるなどしても良いかと思いました。

 

こちらのリードボーカルは広瀬香美が歌ってるのかと思うほど高く伸びのある歌声で非常に上手でした。

 

久保田利伸、桑田バンドなど男性の曲を実にうまく歌い上げました

 

脇を固めるメンバーもそれぞれに上手でした。


2曲めは桑田バンドの「スキップビート」でした。

 

そのサビところを、みんなで「♪スキップビート、スキップビート」と歌っていました。

 

これは本当は「♪スケベ、スケベ」という言葉をいかにスキップビートと言っているよう聞こえるかというのが正統派的な歌い方ですね。

 

先輩は教えてくれなかったんでしょうか?

 

ここは、「スキップビート」ではありません、「スケベ」です。

 

恥ずかしいことではありません。

 

上手に歌ってみましょう!

 

変なところにケチが付きましたが、全体的にはとても上手な学生アカペラバンドっていう感じで、とても素晴らしいステージだったと思います。

f:id:bkeita:20191221172916p:plain

                                                                                                             (ロームHPより)

 

今日はイルミネーション最後の土曜日ということもあり、とてもたくさんの人が来ていました。

 

雪の結晶が映っているスクリーンの前が、アカペラステージとなっています。

 

こちらは花のドームに並ぶ人達(右側)です。

 

えげつない数の人が並んでいます!

 

大人気ですね~

 

 

きれいなイルミネーション残すところあと僅かです。

 

アカペラコンサートは、いよいよ明日22日(日)が今年の最終日となりました。

 

 

まだ、聞いていない方は是非、聞きに来て下さい!

 

さて、このイルミネーションは12月25日(水)がラストです。

 

本日もたくさんのカップルが見に来ていました。

 

イイですね~♡

 

彼女のいない男性諸君!君を待っている女性が必ずいます!

 

こちら からアプリをダウンロードして、早く見つけてあげて下さい!

 

  他のアカペラの様子をご覧になりたい方はこちらをどうぞ!

www.fukuikeita21.com

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!