京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

野良犬、7,000mのヒマラヤ山脈を登る( #DMM英会話 )

スポンサーリンク

今日のDMM英会話 4時AM

講師 レイカ フィリピン 24才 4.88(ユーザ評価 最高5)

初めて受講しました。写真の方が素敵なタイプです。(笑)授業は、普通にお上手です。スカイプの顔がアップになっていて、口が画面からはみ出す程でした。これは、DMM事務所から、顔をアップしなさいと言われているのか、背景を見せたくないのかどちらかわかりませんが、そんなに近づけなくてもいいのにと思いました。欧州の先生の部屋は質素であってもセンスを感じますが、フィリピンの先生の場合は壁やカーテンを背景にして部屋を見せないようにする人が多いです。部屋が片付いていないのでしょうかね?(笑)

 

デイリーニュース

f:id:bkeita:20190319043038p:plain

https://assets.app.engoo.com/images/nCf6NG6OZVlwBynT6a18ka1NLjMYY8FXNS9B4QtKIbn.jpeg

 

Stray Dog Climbs 7,000-Meter Himalayan Mountain
野良犬、7,000mのヒマラヤ山脈を登る
 

A stray dog has climbed a 7,000 meter high mountain in the Himalayas.

The dog named Mera joined a group of climbers on the tenth day of their month-long journey to the top of Baruntse, one of the Himalayas' highest mountains.
 
この野良犬は20日程登山隊と一緒に登った様です。最初、犬が山に登って何が凄いのかと思いましたが、防寒具も酸素ボンベもなしに、7000mの山を登るということが、生物としては大変過酷な状況だと思い出しました。それは、確かに凄いことだと思いました。 

 

The four-legged climber developed a special relationship with the group's leader, Don Wargowsky from Seattle. Mera refused to leave his side throughout the climb, and often slept in his tent and shared his meals.

 

野良犬なので、相手が人であっても、心通わせることができる相手がで来た事が嬉しかったのでしょうか。登山隊にずっとついていった様です。夜は、隊長のテントで寝て過ごしたようです。しかし、無防備な野良犬にとっては、これから向かう危険な場所は流石に無理だろうということで、ある場所にロープでつないだそうですが、すぐに噛み切って、30分で、登山隊に追いついたそうです。やはり独りでいる方が辛かったのでしょう。

 

最後まで登りきっての記念写真がこちらです。

https://www.outsideonline.com/sites/default/files/styles/img_850-width_flex-height/public/2019/02/20/baruntese-summit-with-dog.jpg?itok=pS1VadIR

https://www.outsideonline.com/sites/default/files/styles/img_850-width_flex-height/public/2019/02/20/baruntese-summit-with-dog.jpg?itok=pS1VadIR

 

ヒマラヤのデータベースでは、この野良犬が一番高く登ったということです。

 

過酷な環境の中で共に行動したので、お互いに言葉以上の何か、深い絆を感じたのだと思います。Good job!

 

24時間対応オンライン英会話、お手軽に始めるならこちら!

 

6ヶ月で気軽に英語が話せると評判の教室はこちら、京都と東京近郊の人はお得かも↓

へシルイングリッシュ