京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。時々更新を目指します。

漫画 君たちはどう生きるか 吉野源三郎(著)羽賀翔一(イラスト)

 

本の紹介です。

f:id:bkeita:20190406201659j:plain

 漫画 君たちはどう生きるか 吉野源三郎(著)羽賀翔一(イラスト)

 

再び大ブレークしましたね。

 

こちらは、言わずと知れた名作ですね。

 

まずは、原文をと思い、文庫本を立ち読みしたら、結構難しそうでした。

 

そこで、早期理解には漫画!と思い、漫画版を買いました。

 

すっと読めるかと思っていたら、なかなか読み終わりません。

 

なんでかなーと思ってみたら、この本の肝となる「おじさんからの手紙」がそのまま(絵無し)で、記載されていました。

 

「おじさんからの手紙」は、手紙にしては長く、啓蒙的な内容も含んでいるので、じっくりと読まざるを得ない感じです。

 

それが、漫画版の割に軽く読めなかったなーという原因ですね。(笑)

 

時代背景が今とは異なりますので、現在の社会環境とは異なっているところが多々あります。

 

昔は、国全体が貧乏な時代があり、貧乏な家庭を見ても、それは大して不思議でも珍しいものでもありませんでした。

 

確かに自分が小学校時代のテレビには、貧乏な家族や人がテレビドラマなどによく出ていて、身近な人の中にも、「この人の家貧乏なんだろうな」と思う人がいました。

 

しかし、最近は「本当に貧乏な人」が少なくなったような気がします。

 

貧乏をどう定義するかで、貧乏人の数は変わって来ると思います。

 

定義次第では、うちも貧乏な家庭になると思います。(笑)

 

しかし、以前の様に、両親の収入が少ないので、仕事を手伝ったり、働きに出たりという小中学生がいなくなったんじゃないかと思います。

 

もしそうであれば、日本は、豊かになったと言えるのかも知れません。

 

この作品の中では、いじめる人、いじめられる人、それを止める人。

 

この三者が出てきます。

 

若い頃(高校生までの頃)は、そういう場面にしょっちゅう遭遇した様な気がします。

 

そして、沢山の場面に遭遇する中で、自分自身がこの三者いずれの立場にもなった経験があります。

 

いじめる側は、あまり気になりませんが、いじめられる側にとっては、その瞬間は人生最大の悩みになりますね。

 

そして、止める側も、簡単に止められたら良いですが、止めたくても止められない。

止められない期間が長くなると、それはそれでプレッシャーになるものですね。

 

今は、会社の中で秩序と常識のある職場で過ごしていますので、この三者に当たるような場面にめったに遭遇しなくなりましたので、この、それぞれの痛みを忘れかけていました。

 

高校生ぐらいまでは、常識の無さや我慢できずに、よくトラブルになったな。

 

なんて思い出しました。

 

印象に残ったのは下記の部分です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コペル君。ナポレオンの一生、これだけ吟味してみれば、もう僕たちには、はっきりとわかるね。
 
英雄とか偉人とか言われている人々の中で、本当に尊敬ができるのは、人類の進歩に役立った人だけだ。そして、彼らの非凡な事業のうち、真に値打ちのあるものは、ただこの流れに沿って行われた事業だけだ。
 
もし暇があったら、君は『人類の進歩につくした人々』と言う本を読んでみたまえ。同じ偉人と言われる人々の中に、ナポレオンとは全く別の形の人々のあることを君は知るだろう。
 
そしてこれだけのことをしっかりと理解した後に、君は改めてナポレオンから学べることをものを、うんと学ばなければならない。
 
彼の奮闘的な生涯、彼の勇気、彼の決断力、それから鋼鉄のような意思の強さ!こういうものがなければ、たとえ人類の進歩につくしたと考えたって、ろくなことができないでしまうのだから。
 
殊に、どんな困難な立場に立っても微塵も弱音を吐かず、どんな苦しい運命に出会っても挫けなかった、その毅然たる精神には、僕たちは深く深く学ばなければならない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
「本当に尊敬できるできるのは人類の進歩に役立った人だけだ。」という一文を読んで、本当に尊敬されるには、めちゃくちゃ頑張らないといけないなーと思いました。
 
この「君たちはどう生きるか」は少年が主人公ですが、おじさんからの手紙を本当に理解するには、それなりの読解力が必要だと思います。
 
これを勧めているのは、この作品が良いと理解できた「大人だけ」なんじゃないかなーなんて思いました。
 
時代は変わっても忘れてはいけない大切な気持ちと、日本人が生きてきた昭和の時代を感じさせる良い本です。
 
 まだ読んでいない方はぜひ読んで下さい。
 
有名な本ですので。(笑)