京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

【書評】「空腹」こそ最強のクスリ 青木厚 アスコム

f:id:bkeita:20200402204803j:plain

空腹って体に悪いと思っていませんか?


空腹になると胃が痛くなる気がして、胃の中が空っぽだと胃液で胃がやられてしまうと思っていませんか?

 

そんな事はありません!

 

空腹にはすごい力があるんです!

 

【1.本書の紹介】

1日3食しっかり食べることが、健康になる秘訣のように言われていますが、実は、真逆かも知れません。

 

1日に3食取ることで、太っていませんか?

 

私は、3食しっかり食べると太ります。(笑)

 

3食から得られるカロリーの量の方が、1日の生活の運動で費やすカロリーよりも多いからです。

 

体重が増えてくると、体の様々な臓器に負担を掛けるばかりでなく、気だるさを感じたり、集中力が持たなくなったりします。

 

本書では、空腹の間に何が行われているのかそのメカニズムを明らかにしています。

 

そして、空腹の時間を作るためのアドバイスをしてくれています。

【2.本書のポイント】

 

「1日3食が理想的である」という考え方には、確固たる裏づけはありません。


食べた後に、あなたが眠気や疲れ、だるさを感じるのは、胃腸や肝臓が発している、疲れのサインかもしれないのです。


体の中では、各臓器が一生懸命働いているということを、忘れてはいけません。


人間に休息が必要であるのと同様、内臓にもまとまった休息が必要なのです。


食べ過ぎは、体内の活性酸素を増やします。


食べすぎによる害から体を守り、健康や若さを維持する、シンプルな方法。それは、「物を食べない時間(空腹の状態)を作ること」です。


断食をすることが
・糖尿病
・悪性腫瘍
・心血管疾患
・神経変性疾患
などの予防に効果的 
 
胃腸や肝臓などを休ませてあげること
脂肪燃焼させ、減らすこと
血液の状態を改善させること
が大事です。

 

最後にものを食べて10時間ほど経つと、肝臓に蓄えられた糖がなくなって脂肪が分解され、エネルギーとして使われるようになります。そして、16時間経つと、今度は体の中で「オートファジー」が機能し始めるのです。

 

オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせる仕組み

 

空腹の時間を作らない限り、オートファジーによって細胞を生まれ変わらせることはできないのです。


空腹の時間中でも、ナッツ類などであれば、いくら食べていただいてもかまいません。


まとまった空腹の時間を作ると、まず、内臓の働きが良くなります。


オートファジーには、がんや糖尿病をはじめとする生活習慣病、アルツハイマー型認知症、感染症などの予防効果や、肌や筋肉などの老化防止の効果があると考えられています。


睡眠時間をうまく利用すれば、「お腹が空いた」「何か食べたい」といった思いを抱かずに、体を飢餓状態にできるのです。


週に一回、「まる1日、ものを食べない」状態を作ることで、この食事法の効果は高まるはずです。


必ず、簡単な筋トレを、並行して行なってください


茶碗一杯のご飯に含まれる糖質スティックシュガー17本分
脂肪肝には、肝炎を発症しやすいという特徴もあります。


糖質制限を行った結果、かえって体を壊してしまったり、病気になってしまったりする人もいます。


大腸がん、肝臓がん、胆嚢がん、すい臓がん、子宮がん、腎臓がんなどは影響を受けやすく、肥満が健康に及ぼす害がわかってきました。


生活習慣病を予防する」ことが、認知症の予防においては非常に大事だとされています。


「空腹の時間を作る」食事法には、生活習慣病の予防効果があり、また、活性酸素を発生させる古いミトコンドリアを除去する効果もあります。


腸をいたわること、食べ過ぎを防ぐことは、アレルギーを改善するうえで、非常に重要です。


オートファジーには、感染症の原因となる細菌を分解する働きもあります。


【目次】
はじめに
第1章 「1日3食しっかり食べる」「空腹な時間を作る」どちらが長寿と健康をもたらすか
第2章 無理なく「空腹」を作り、体を蘇らせる食事法
第3章 「糖」がもたらす毒を、「空腹」というクスリで取り除く
第4章 「空腹力」を高めれば、これだけの病気が遠ざかる!

【3.本書の感想】

最後に食べてから、16時間経つ立つとオートファジーが始まるということで、食べないことって素晴らしいですね。

 

ファスティングとう言葉で、食べないことを推奨していますが、本来、生きるために必要な栄養をとるだけのものとして考えると、今の生活は、必要以上の栄養が簡単に取れる環境にあります。

 

肥満は見たらわかりますが、肥満までいかない人でも、体重が増えすぎると、内蔵がやられてしまい、内面から悪くなります。

 

理想は、しっかり食べて、しっかり運動することだと思います。

 

しかし、思うほど運動も出来ない方は、エネルギーの量を減らすしかありません。

 

年齢を重ねると、代謝が悪くなるので、若い頃と同じ量を食べると、確実に太ります。(笑)

 

 しっかり食べて、太ったり、病気になったりしている方は、是非参考にして下さい!

「空腹」こそ最強のクスリ

 

 食べることについて知りたい人はこちらをどうぞ!

www.fukuikeita21.com

 食を学んだ後、眠りについて知りたい方はこちらをどうぞ!

www.fukuikeita21.com

 

 やっぱり運動だという方はこちらをどうぞ!

www.fukuikeita21.com

 最後までお付き合い頂きましてありがとうございました!