京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

BAの航空機、間違った方向に飛行( #DMM英会話 )

スポンサーリンク

今日のDMM英会話 4時AM

講師 サラ セルビア 28才 4.68(ユーザ評価 最高5)

 

初めての受講。大変落ち着いた感じの先生。

 

本読んだり、友達と遊んだり、趣味は普通の先生でした。

 

電波の具合がよくなかった為、途中、お互に聞こえづらい場面がありました。

 

先生側の映り具合が、暗くて荒い感じがしたので、それだけで寂しく見えました。

 

授業に問題はありませんでしたが、私のテンションは低いままでした。(笑)

 

デイリー・ニュース

https://assets.app.engoo.com/images/rBhCLqYYht3lcfiPqIOUbq6xwluwX6qdzXKuC2hTjZW.jpeg

https://assets.app.engoo.com/images/rBhCLqYYht3lcfiPqIOUbq6xwluwX6qdzXKuC2hTjZW.jpeg

 

British Airways Plane Flies to the Wrong Destination
ブリティッシュ・エアウェイズの航空機、間違った方向に飛行
 

On March 25, passengers on a British Airways (BA) flight from London to Düsseldorf, Germany, found themselves landing in Edinburgh, Scotland. The passengers only knew something was wrong when the pilot said, “Welcome to Edinburgh.”

 

ロンドンからデュッセルドルフ行きの飛行機が、エジンバラに到着したそうです。

 

パイロットが、「エジンバラへようこそ!」と言った時、乗客は何かおかしいと気づいたそうです。

 

 

BA has apologized and said that the mistake was made by WDL Aviation, the German company that planned the flight. The two companies are working together to find out why the wrong flight plan was sent from WDL Aviation's office in Germany.

 
航空会社は謝り、そして、原因はドイツのWDLアビエーションという会社が立てた飛行計画が間違ったのだと言いました。
 
その2社はどうしてこんなことが起こったのか、一緒に追求しているそうです。

 

One passenger, Son Tran, said, "Most passengers sleep or work through this flight, so no one really noticed we were not flying over the [English] Channel." Flying from London to Edinburgh usually takes an hour and a half – about the same amount of time as flying from London to Düsseldorf.

 

1人の乗客は、「ほとんどの乗客は寝ていたか、仕事をしていた。だから、だれもイギリス海峡の上を飛行していないとは気づかなかった。」と言いました。

 

ロンドンからエジンバラへは通常1時間30分。ロントンとデュッセルドルフとほぼ同じ時間だそうです。

https://lh6.googleusercontent.com/proxy/rZsiJqhkrY_Nw9j2uPcMXGr9OD60HZt4ySPgyaf00TY8RnjRHqp2lyQ04GXNH1S_YxdT9tCQEhg7aRkZhr4ZWJjcdDC_MZrebWBmuLlGm09VXLpieIydQ3R-q5XqdCBGBfYnop7uo5y2c5wf7q3wizoEtYQ=w140-h187-n-k-no

https://lh6.googleusercontent.com/proxy/rZsiJqhkrY_Nw9j2uPcMXGr9OD60HZt4ySPgyaf00TY8RnjRHqp2lyQ04GXNH1S_YxdT9tCQEhg7aRkZhr4ZWJjcdDC_MZrebWBmuLlGm09VXLpieIydQ3R-q5XqdCBGBfYnop7uo5y2c5wf7q3wizoEtYQ=w140-h187-n-k-no

https://lh6.googleusercontent.com/proxy/Wpl2UG3GA_awWLTvjni--Ls2RfnA6DDnSTYMsonVZt_WC5g1eJccQXeTy0YZKzri5dQLFMDikIcxqJLsJ0Cz9zDpMqZlK2t5uAxILB7tdBzmZxHvMs8KcT119_sM9UowjKDb2TVwKln4ml8wTkrqjImnrKQ=w140-h187-n-k-no

https://lh6.googleusercontent.com/proxy/Wpl2UG3GA_awWLTvjni--Ls2RfnA6DDnSTYMsonVZt_WC5g1eJccQXeTy0YZKzri5dQLFMDikIcxqJLsJ0Cz9zDpMqZlK2t5uAxILB7tdBzmZxHvMs8KcT119_sM9UowjKDb2TVwKln4ml8wTkrqjImnrKQ=w140-h187-n-k-no

個人的には、エジンバラは観光としては行きたい場所です。(笑)

 

福岡から、上海に行こうと思ったら、札幌に着いたという感じでしょうか。

 

特に、危険な事はなかったそうですが、デュッセルドルフ行きの飛行機を操縦していて、エジンバラに到着して、「ようこエジンバラへ!」と言ってしまったパイロットも間抜けな感じがしますね。

 

飛行機も、ほとんど自動操縦なので、パイロットが操縦することは、ほとんど無いと聞きます。

 

ほぼ、飛行機任せになっています。

 

だからこそ、プログラムが間違っていたとしても、そんな事無いだろうと、任せてしまうのでしょうね。

 

我々は、普段、あまり疑うことをしません。

 

とても素直ですから。(笑)

 

特に機械は正確だと思っているので、この話は他人事ではないですね。

 

普段から、もっと疑う、または、気をつける事は大切だなと思いました。

 

それにしても、よく、何の問題なくエジンバラ空港に着陸できたもんですね。(笑)

 

24時間対応オンライン英会話、お手軽に始めるならはこちら!

 

6ヶ月で気軽に英語が話せると評判の教室はこちら、京都と東京近郊の人はお得かも↓

へシルイングリッシュ