京都のリーマンメモリーズ

京都で働くサラリーマンです。東寺や書籍の紹介をします。

天皇盃 全国くるま椅子駅伝大会の応援!

スポンサーリンク

「天皇盃全国くるま椅子駅伝大会」の応援に行って来ました。

 

こちらの大会は、平成2年~始まっており、今年で第30回を迎える伝統ある競技会です。

 

競技コースは、国立京都国際会館前から西京極陸上競技場までの5区間21.3Kmです。

 

今回は全国から26チームが参加して、熱戦を繰り広げました。

 

f:id:bkeita:20190310195356j:plain

写真でお分かりかと思いますが、あいにくの雨でした。

 

土砂降りまではならなかった事もあり、無事開催されました。

 

雨の中での開催では、ブレーキやハンドルさばきが上手く行くのか?と心配になりましたが、選手の皆さんは、やはり慣れた感じで、きちんとコントロールされていました。

 

 

f:id:bkeita:20190310201852j:plain

初めて、この競技を見たのですが、まず驚いたのは、車椅子の形が、競技用でカッコイイ事です。

 

なんとなくF1カーに似た形に感じます。

 

そして、もう一つ驚いたことは、車椅子のスピードです。

 

思っていたよりもずっと速く、特に、先頭選手が速すぎて、いいショットをカメラに収められませんでした。

 

とても残念でした。

 

写真の選手が先頭の選手ですが、「あっ、来た来た!」と思って、ベストショットを狙っているうちに過ぎ去ってしまいました。

 

本当に、一瞬で過ぎていきました。

 

ラジオで言っていましたが、下り坂では時速50Km程出るらしいです。

 

先頭選手と最後の選手では、明らかにスピードが違いました。

 

また、アスファルトと擦れるタイヤの音がゴーゴーというか、ザーザーというか独特の音がして、初めて聴く音だったので、凄いなーと思いました。

 

 

f:id:bkeita:20190310195421j:plain

また、見ていて驚いたのが、どう見ても「おじいちゃん」が選手として出ている事でした。

 

残念ながらこの方の写真は取れませんでした。

 

そして、ラジオでいっていましたが、15歳の女性も出ていたということでした。

 

マラソンもそうですが、この競技も、老若男女が参加できるスポーツなんだなーと関心しました。

 

 

f:id:bkeita:20190310195419j:plain

割と年配の選手です。

 

実際には、もっと、いかにもおじいさんという感じの選手がいました。

 

 

f:id:bkeita:20190310195443j:plain

こちらは、最年少の選手だと思います。

 

全員女性のチームで編成されているそうで、こちらの選手はその中でもとても若く、フレッシュな感じがしました。

 

総合成績は下記の通りです。

 

優勝  福岡Aチーム 42分53秒

第2位 大分Aチーム 45分53秒

第3位 京都Aチーム 49分56秒

 

我が地元、京都が第3位に入りました。

 

とても嬉しい事です。

 

この大会はテレビ中継が無く、ラジオ中継になります。

 

スタートかゴールの歓声を見ることが出来なかったので、次回は、国際会館前か西京極陸上競技場に行って見ようかと思いました。

 

選手の皆様、関係者の皆様、雨の中大変お疲れ様でした。